Our Blog

0

次回4月14日DoitJAZZ!はオランダ・アムステルダムから現地にて精力的に活動する注目のKAMMAとMASALOを招待します。
KAMMAとMASALO?聞いたことないなあ、という方もいると思うので簡単な紹介です。

地元アムステルダムにて”Brighter Days”という、過去のゲストはMarcellus Pittman、Rick Wilhite、 Osunlade、Atjazz、Karizma、Jaime 3:26などを招待している注目の人気パーティを主催しています。
KAMMAは父、母ともにDJで父親はRush HourのAntalの先輩とのこと。
(Antalは昨年DJ Trei主催パーティ”SND @West Harlem”にて来京してましたね。)

MASALOは母親が日本人という事もあり、音楽スタイルも日本の人にも馴染みやすいのではないでしょうか。

今まさにヨーロッパにてこれから活躍していくであろう二人は近年Dimentions Fes、Sunceneat、Liverpool Disco Fesなどにも出演決定し、MASALOの方ははRush HourやJoe Clauselのレーベルからもリリースの予定、DoitJAZZ!にはなじみの深いDegoやSadar Baharが所属するエージェンシー”Sound Familiar”に今年から加入決定と勢いがあります。

PlayのほうもKAMMAの方はテッキー、MASALOはトライバルな四つ打ちを軸に、DISCO,SOUL,Boggieなど新旧の名曲たちをセンス良くミックスしていく、実力派。

過去にはMad Mats主催Local TalkからJamie 3:26との共作もリリース済。
(Mad MatsもDJ Sota主催で昨年来京してましたよね。)

Jamie 3:26 & Masalo – Testify

MIX音源も載せておきますので、どうぞ聞いてみて下さい。

オランダ・アムステルダムは僕も行って感じたんですが、色んな人種の人達が集まり、文化的要素にすごく寛容な素晴らしい街で、そういった背景から彼らのような若いながらも感性の優れる人たちが活躍するのも頷けます。

僕らの街も、もっと豊かになるために、彼らの感性を浴びて、持ち帰って、よりよくしていけたらいいな、と思うわけです。

京都は観光都市で異文化の交流も盛んになってきたし、音楽の方も、もっと多文化的な感じでやっていけたらとの願いも込めて。

最後に今回の話を振ってくれた東京の人気パーティ”Eureka!”(東京も超豪華!)を主催するMidori Aoyama君に感謝。
一緒に盛り上げて行きましょう。

地元京都チームの紹介はまた改めて。

Masaki


– Kamma & Masalo from Amsterdam
ダンスミュージック原産国として疑いの余地がないオランダ・アムステルダムをベースに着実に力をつけているユニット、Kamma & Masalo。地元で2人が運営するParty「Brighter Days」は過去にMarcellus Pittman、Rick Wilhite、 Osunlade、Atjazz、KarizmaそしてJamie 3:26らを招き世代を超えたクラウドを魅了。次世代のシーンを担う中核として評価されている。それもそのはず、Kammaは父、母が共に25年を超えるベテランのDJ(彼らの後輩にはあのRush HourのAntalも)の間に生まれ、レコードが敷き詰められた家で育ったサラブレットとして、若くしてDimention Festivalなどにも出演。一方のMasaloも日本とオランダのハーフとして多様な価値観を持ち、その強烈な個性から様々なサポートを受け着実にキャリアアップ。昨年はJamie 3:26と共にLocal Talkからリリースした「Testify」 がスマッシュヒット。今後もフランスのClima RecordsやRush Hourからのリリースを控えている。今年はGilles Petersonが運営する「Worldwide FM」の出演や、Sadar Bahar、Dego、Ge-Ologyなどが所属する「sounds familiar」にも加わり。世界中で2人の名前を見る日も近い。

Amsterdam born and based vibemakers KAMMA & MASALO are rising artists in their own right though as a DJ unit they create a whole new dimension of feelings to the crowd.KAMMA’s path to her craft could not have come more naturally. She is the child of parents
who both have DJ’d professionally for over 25 years. Delivering a class act performance on last year’s Dimensions Festival was one of many highlights in her blooming journey.MASALO, Dutch-Japanese music creative has been consistently building his craft over the years. His profound approach is well-expressed in versatile and ecstatic DJ-sets. Together with Chicago’s Jamie 3:26, MASALO recently released “Testify”, a dancefloor destroyer on Local Talk Records. Getting support from Antal, Hunee and Tamo Sumo to name a few. Together they run dance party series Brighter Days. A colourful get together drawing one of the city’s most up for it crowds with guest appearances from local and international heatmakers.KAMMA & MASALO are ready to present the colourful depths of their record crates!