Our Blog

0

Himiko Himiko Kikuchi – All Right
(Contunental)(1982)
フュージョンピアニスト菊池ひみこといえば、whats Baby SinginがGilles Peterson playにより再評価されたりコンポストの名コンピレーションGlucklichに収録され海外DJがフェイバリットに上げる事で有名ですが、こちらも捨てがたい。全曲いいんですが中でもドラムブレイクから始まり自身がヴォーカルを務めるアーバンメロウグルーヴBungers Oasisがお気に入り。Ernie Wattsなどの海外ミュージシャン参加作品。某有線放送に収録予定。ちなみに1000円代で買えます。
#japjazz #doitjapjazz #himikokikuchi #japfusion