Our Blog

0

2006 年 に始動以降COLLAGEそしてMETROへと場所を 変え、クラブ以外でも屋上のルーフトップやカフェ・バー、ラウンジ、ショップレセプション、 国際写真展とのコラボレーション等活動を広げ、日本、世界の著名DJを招待し、JAZZ/CROSSOVERミュージックを発信し続けてきた、”DoitJAZZ!”。今年7月にGilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーション”Worldwide FM”の 京都サテライト”WW KYOTO”に出演し勢いに乗るDoitJAZZ! レギュラーDJsと、LIVEには和とブラックミュージックを独自の解釈で披露する” Kyoto FLAVA Unit”が登場だ。 ジャンルを超えてクロスオーヴァーするミュージックをお見逃しなく!

In 2006, he starts his activities at Collage. Since 2014, he has been holding his concerts at Club Metro, a long-standing club in Kyoto. Selecting his tunes while regarding previous high-quality tunes called “rare groove” and pieces centering on the latest crossover music all on the same coaxial lines, he has been disseminating refined music and atmosphere. Inviting prominent disc jockeys and live and bebop dancers from throughout the country and collaborating with international photo exhibitions, he has kept expanding his range of activities.

▬▬ | LINE UP | ▬▬

DJ :
Do it JAZZ!

LIVE :
Kyoto FLAVA Unit

Food :
明 ヶ 粋 ヶ

▬▬ | ENTRANCE | ▬▬

Door (当日) : 1500 yen + 1 drink fee
22:00 – 23:00 (早割) : 1000yen + 1 drink fee
Student (学生) : 1000yen + 1 drink fee

▬▬ | PROFILE | ▬▬

DoitJAZZ!
2006 年 COLLAGE にて始動、2014 年から京都の老舗 Club Metro にて開催。” レア・グルー ヴ” といわれる過去の良質な楽曲や最新のクロスオーヴァー・ミュージックを中心とした楽曲を同 軸線上にとらえ選曲、良質な音楽・空間を発信し続けている。全国の著名 DJ,LIVE や BEBOP Dancer らを招待し、また国際写真展とのコラボレーション等その活動の幅を広げ続けている。

In 2006, he starts his activities at Collage. Since 2014, he has been holding his concerts at Club Metro, a long-standing club in Kyoto. Selecting his tunes while regarding previous high-quality tunes called “rare groove” and pieces centering on the latest crossover music all on the same coaxial lines, he has been disseminating refined music and atmosphere. Inviting prominent disc jockeys and live and bebop dancers from throughout the country and collaborating with international photo exhibitions, he has kept expanding his range of activities.

 

Masaki Tamura (Do it JAZZ!)
DJ / Architecture Designer。2003年に活動開始以降、新譜・旧譜問わずJAZZを軸とした選曲を得意とし、京都を代表するJAZZ / CROSSOVERイベント”Do it JAZZ!”を中心にDJを行い、LIVEアーティストからの信頼も厚く、選曲の幅を生かしホテル、ラウンジ等のサウンドサポートも行う等、京都・大阪・東京を中心に活躍中。昨年はヨーロッパシーンで活躍するHUGO LX、Aroop Royそして新世代バンドWONKを招待、Degoやfloating pointのサポートを務め、今年7月にはmixcloudアワードに選ばれた経歴を持つフランスのGONES THE DJとの共作であるジャパニーズ・ジャズのみを選曲したMixを発表し話題を集める。 Gilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーション”Worldwide FM”の 京都サテライト”WW KYOTO”のDJを務め京都祇園のニュースポット”Y gion”から毎月第二月曜日に発信中。

soundcloud
https://soundcloud.com/doitjazz

Kazuhiro Inoue
関西を中心に各地でDJとして活動。Acid JazzやRareGrooveの全盛時にClubでのJazzに興味を持つ。生音を中心に、Jazz、Soul、World Music、Progressive Rock、Noise、現代音楽等から徹底したDigで独自のGrooveを掘りおこしている。これまでに数多くのEvent でDJとして参加し、国内外の著明DJからも好評を得る。現在はJazzイヴェントDo it Jazz at metro、三昧 at JAPONICA、World Music イヴェントChila-Chila at Spanish Harlem Latin Clubにおいてフロアを沸かせている。

Mix CD 『Other Vibrations』
連載 ジャズ批評『Other Aspects』
Web Site : http://blog.goo.ne.jp/infinitesounds

Naoki Yoda
渡英していた経験から現地の
TechHOUSE,BREAK BEATや00年代のCROSSOVER系サウンドに影響されたエッジの効いたサウンドやMoodymannに代表されるようなJazzyかつsexyなトラックをPLAYする。JAPONICA music storeにてバイヤーを務めていた経験に裏打ちされた選曲は必見。

 

Kyoto FLAVA Unit
「京都から世界へ。」をコンセプトにしたイベント、「Kyoto FLAVA Session 」のメンバーによるユニット。
2016年から始動した「Kyoto FLAVA Session 」は東京やNYで活躍中のミュージシャンをゲストに迎え毎回満員御礼、盛況を博す。過去の参加ミュージシャンは50名を超える。
ユニットでは様々なセッションで洗練されたソウルフルな歌声に、和と現代的な響きをミックスしたコンテンポラリーなサウンドを奏でる。
またオリジナルやカバーでの楽曲制作なども行い、ブラックミュージックと和のクロスオーバーなサウンドで様々なシーンから賞賛を得る。
セッションからスタートしたエネルギー溢れるステージは演者を3人から30人まで流動的に規模を変化させ、独自の音と共にフロアを盛り上げる。多くのアーティストと演奏する中で磨かれたサウンドを是非一度体感して下さい。

Kyoto FLAVA Unit
Vo. KEI
Gt. Yuuki Katayama
Key. Takayuki Umeda
〜and FLAVA crew

明 ヶ 粋 ヶ
2016.2.22 寺町丸太町の北東角、御所のお隣に移転オープン。
BARの皮を被ったスナックです。 アテが多少あったりします。

17:00頃〜24:00頃
不定休

https://www.facebook.com/ateyaakesuke