Our Blog

0

– 05.18 SAT AROOP ROY Asia Tour in KYOTO –

フルラインナップ発表!
サポートDJs含め、信頼する京都で活躍するメンバーが揃いました。

今回Aroopはアジアツアーの標準を京都に合わせてくれましたので、韓国ソウル、京都、名古屋の3公演のみとなります。

フライト等のスケジュールや経費等、なかなか実現が難しいところ、会場である京都メトロや名古屋会場のJB’s、オーガナイザー、そして当日ドリンクサポートのCOCALEROの皆様に感謝です。

興行側の思いとしては、海外で活躍する、私たちが一押しするクオリティの高いアーティストの現場を、チャージも出来るだけ安く、皆様に提供出来ることを目指して何カ月も試行錯誤したのですが結果、いつもより少し高くなってしまったこと、ご了承お願いいたします。

しかし彼のDJ / 楽曲のクオリティは保証します、その魅力を伝えるためにこちらに情報をUPしていきたいと思ってますので、是非チェックしてみて下さい。

Do it JAZZ! × AROOP ROY
– AROOP ROY Asia Tour in KYOTO –
supported by COCALERO

Date : 2019. 05. 18. Sat.
Venue : Kyoto Metro
Open : 22:00

— | LINE UP | —

Guest :
Aroop Roy ( Vive La Musique )

DJ:
Masaki Tamura (DoitJAZZ! / WWKyoto)
Kazuhiro Inoue (DoitJAZZ! / Infinite Sounds)
Naoki Yoda (DoitJAZZ!)
SOTA (Back Home / Rokujian)
KEISUKE DANCE (MAKELELE)

Food :
明ヶ粋ヶ

— | VENUE | —

METRO
BF Ebisu Bldg. 82 Simodutsumi-cho kawabata Marutamachi sagaruru Sakyo-ku Kyoto Japan
Tel:075-752-4765
http://www.metro.ne.jp/

— | ABOUT | —

〈G.A.M.M.〉や〈BASIC FINGERS〉、〈HOUSE OF DISCO〉から良作を連発し、ジャズ・クロスオーヴァー、RE-EDITシーンの垣根を越えて高い評価を得ている UK出身のDJ / プロデューサー”Aroop Roy”。昨年新たに自身のレーベル “Vive La Musique”を立ち上げ 世界中の有力なレコードストアにて好調なセールスを記録。DJとしてもヨーロッパやアメリカ・アジアの主要なVenueに招待され、着実にトップDJ / アーティストとしての地位を確立させた活躍を見ると、現行クラブ / ジャズ・ソウル ・ ミュージック・シーン のキーパーソンに君臨したといっても過言ではない。 世界中を回る多忙なスケジュールの中、来日ツアーが二年ぶりに決定、 京都メトロにて、信頼関係を築いているジャズ・クロスオーヴァーを代表するイヴェント”DoitJAZZ!”サポートのもと開催される。

DJ / producer “Aroop Roy” from the UK who has a good release from and has been highly evaluated across the boundaries of the jazz crossover and RE-EDIT scene. Last year he launched his new label “Vive La Musique” and recorded good sales at record stores around the world and As a DJ, he was invited to major venues in Europe, America and Asia, and steadily established himself as a top DJ / artist. so He reigned as a key person in the current club / jazz soul music scene. This is the first time in two years,that will be held that in Kyoto Metro with the support of Doit JAZZ!

— | PROFILE | —

– Aroop Roy ( Vive La Musique ) –
JazzやFunk、世界中のルーツミュージックと最先端のHouse・Discoを融合させ、独自のサウンドを生み出し続けているUK出身のDJ/プロデューサー”Aroop Roy”。Mixmag,DJ Mag,Vice Magazineといったクラブカルチャー・メディアにて、常にその作品は高く評価され、Gilles Peterson, Soul Clap,Artwork, Detroit Swindle, Karizma,Laurent Garnierといった世界のトップDJ / アーティストから、世代やシーンを超えてサポートされ続け注目を集め続けている。2018年には自身のレーベル”Vive La Musique”を立ち上げ世界中の有力なレコードストアにて好調なセールスを記録した。これまでロンドン、ジュネーブ、東京ではレジデントDJを務め、5大陸40以上の都市でプレイ。そのDJプレイは、自身の楽曲に見られるように、オリジナリティ溢れる楽曲を縦横無尽にミックスし、グルーブとハーモニーを生み出している。

Aroop Roy is a UK DJ, producer and musician, who blends together the electronic edge of House and Disco with the organic sounds of jazz and funk and rhythms and voices from across the globe.His productions have been supported by tastemakers and DJs from diverse scenes and generations including Gilles Peterson, Soul Clap,Artwork, Detroit Swindle, Karizma, and Laurent Garnier.Always delivering quality, originality and universal dancefloor appeal,his releases consistently enjoy high charting and glowing reviews in key publications such as Mixmag, DJ Mag and Vice Magazine. In 2018, he launched his label Vive La Musique, gaining Record of the Week and topping sales charts at every influential record store.Aroop has performed in 5 continents and over 40 cities, and enjoyed residencies in London, Geneva and Tokyo. Like his productions,his DJ sets are always a performance full of originality and style.

“Brilliant producer” : Gilles Peterson
“The man of the moment” : Soul Clap
“A fantastic selector” : House of Yes, New York
“Irresisible soul” : DJ Mag

https://www.facebook.com/arooproymusic/
https://www.facebook.com/pg/arooproymusic/reviews
https://soundcloud.com/aroop-roy


DoitJAZZ!
2006 年 COLLAGE にて始動、2014 年から京都の老舗 Club Metro にて開催し続け2019年には13年目を迎える、日本有数のジャズ・クロスオーヴァー・イヴェント。テーマである”JAZZ”と同じように進化を続け、” レア・グルー ヴ” といわれる過去の良質な楽曲や最新のクロスオーヴァー・ミュージックを中心とした楽曲を同軸線上にとらえ選曲し、良質な音楽・空間を発信し続けている。全国の著名 DJ,LIVE や BEBOP Dancer らを招待し、また国際写真展とのコラボレーション等その活動の幅を広げ続けている。

In 2006, he starts his activities at Collage. Since 2014, he has been holding his concerts at Club Metro, a long-standing club in Kyoto. Selecting his tunes while regarding previous high-quality tunes called “rare groove” and pieces centering on the latest crossover music all on the same coaxial lines, he has been disseminating refined music and atmosphere. Inviting prominent disc jockeys and live and bebop dancers from throughout the country and collaborating with international photo exhibitions, he has kept expanding his range of activities.
http://www.doitjazz.jp/


Masaki Tamura
DJ / Architecture Designer。2003年に活動開始以降、新譜・旧譜問わずJAZZを軸とした選曲を得意とし、京都を代表するJAZZ / CROSSOVERイベント”Do it JAZZ!”を中心にDJを行い、LIVEアーティストからの信頼も厚く、選曲の幅を生かしホテル、ラウンジ等のサウンドサポートも行う等、京都・大阪・東京を中心に活躍中。昨年はヨーロッパシーンで活躍するHUGO LX、Aroop Royそして新世代バンドWONKを招待、Degoやfloating pointのサポートを務め、今年7月にはmixcloudアワードに選ばれた経歴を持つフランスのGONES THE DJとの共作であるジャパニーズ・ジャズのみを選曲したMixを発表し話題を集める。 Gilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーション”Worldwide FM”の 京都サテライト”WW KYOTO”のDJを務め京都祇園のニュースポット”Y gion”から毎月第二月曜日に発信中。
DoitJAZZ! WEB : http://www.doitjazz.jp/
Soundcloud : https://soundcloud.com/doitjazz


Kazuhiro Inoue
関西を中心に各地でDJとして活動。Acid JazzやRareGrooveの全盛時にClubでのJazzに興味を持つ。生音を中心に、Jazz、Soul、World Music、Progressive Rock、Noise、現代音楽等から徹底したDigで独自のGrooveを掘りおこしている。これまでに数多くのEvent でDJとして参加し、国内外の著明DJからも好評を得る。現在はJazzイヴェントDo it Jazz at metro、三昧 at JAPONICA、World Music イヴェントChila-Chila at Spanish Harlem Latin Clubにおいてフロアを沸かせている。

Mix CD 『Other Vibrations』
連載 ジャズ批評『Other Aspects』
Web Site : http://blog.goo.ne.jp/infinitesounds


Naoki Yoda
渡英していた経験から現地の
TechHOUSE,BREAK BEATや00年代のCROSSOVER系サウンドに影響されたエッジの効いたサウンドやMoodymannに代表されるようなJazzyかつsexyなトラックをPLAYする。JAPONICA music storeにてバイヤーを務めていた経験に裏打ちされた選曲は必見。


SOTA(Back Home / Rokujian)
月に10本以上のDJをこなす現場主義な選曲は4つ打ちを軸にHOUSE,DISCO,TECHNOとフロアを飽きさせず抜群の安定感。京都・東京のクラブ現場にて海外アーティストのサポートDJを数多く担当し、京都の音好きが集まる”WEST HARLEM”にてスウェーデンの人気リエディットレーベルである”Gamm”” Basic Fingers “の主催MAD MATSの京都ツアーを成功に導いたのも記憶に新しい。


KEISUKE DANCE (MAKELELE)
2005年頃からレコード収集を始め、2011年DJ活動を開始。10代の頃に聴いたHIPHOPに強い影響を受け、サンプリングソースであるSOUL.FUNK.DISCO.AFRO等の漆黒のサウンドを好んでプレイし、1970年代頃の旧譜から最新のチューンまで、その選曲・掘りは多岐にわたる。2017年、祇園のルーフトップバーin the Moon.で「MAKELELE」を主催し、グッドミュージックを天まで飛ばしている。

— | ENTRANCE | —

Door (当日) : 2500 yen + 1 drink fee
ADV (前売) : 2000 yen +1 drink fee

<前売りメール予約>
ticket@metro.ne.jpで受付けています。 前日までに、公演日、お名前と枚数を明記してメールして下さい。前売料金で入場頂けます。

<PG前売>
チケットぴあ(Pコード:149-185 )
e+ ( https://bit.ly/2FHraXc )※短縮URL
にて4/6より発売開始。