Category: DoitJAZZ!

0

– 05.18 SAT AROOP ROY Asia Tour in KYOTO –

フルラインナップ発表!
サポートDJs含め、信頼する京都で活躍するメンバーが揃いました。

今回Aroopはアジアツアーの標準を京都に合わせてくれましたので、韓国ソウル、京都、名古屋の3公演のみとなります。

フライト等のスケジュールや経費等、なかなか実現が難しいところ、会場である京都メトロや名古屋会場のJB’s、オーガナイザー、そして当日ドリンクサポートのCOCALEROの皆様に感謝です。

興行側の思いとしては、海外で活躍する、私たちが一押しするクオリティの高いアーティストの現場を、チャージも出来るだけ安く、皆様に提供出来ることを目指して何カ月も試行錯誤したのですが結果、いつもより少し高くなってしまったこと、ご了承お願いいたします。

しかし彼のDJ / 楽曲のクオリティは保証します、その魅力を伝えるためにこちらに情報をUPしていきたいと思ってますので、是非チェックしてみて下さい。

Do it JAZZ! × AROOP ROY
– AROOP ROY Asia Tour in KYOTO –
supported by COCALERO

Date : 2019. 05. 18. Sat.
Venue : Kyoto Metro
Open : 22:00

— | LINE UP | —

Guest :
Aroop Roy ( Vive La Musique )

DJ:
Masaki Tamura (DoitJAZZ! / WWKyoto)
Kazuhiro Inoue (DoitJAZZ! / Infinite Sounds)
Naoki Yoda (DoitJAZZ!)
SOTA (Back Home / Rokujian)
KEISUKE DANCE (MAKELELE)

Food :
明ヶ粋ヶ

— | VENUE | —

METRO
BF Ebisu Bldg. 82 Simodutsumi-cho kawabata Marutamachi sagaruru Sakyo-ku Kyoto Japan
Tel:075-752-4765
http://www.metro.ne.jp/

— | ABOUT | —

〈G.A.M.M.〉や〈BASIC FINGERS〉、〈HOUSE OF DISCO〉から良作を連発し、ジャズ・クロスオーヴァー、RE-EDITシーンの垣根を越えて高い評価を得ている UK出身のDJ / プロデューサー”Aroop Roy”。昨年新たに自身のレーベル “Vive La Musique”を立ち上げ 世界中の有力なレコードストアにて好調なセールスを記録。DJとしてもヨーロッパやアメリカ・アジアの主要なVenueに招待され、着実にトップDJ / アーティストとしての地位を確立させた活躍を見ると、現行クラブ / ジャズ・ソウル ・ ミュージック・シーン のキーパーソンに君臨したといっても過言ではない。 世界中を回る多忙なスケジュールの中、来日ツアーが二年ぶりに決定、 京都メトロにて、信頼関係を築いているジャズ・クロスオーヴァーを代表するイヴェント”DoitJAZZ!”サポートのもと開催される。

DJ / producer “Aroop Roy” from the UK who has a good release from and has been highly evaluated across the boundaries of the jazz crossover and RE-EDIT scene. Last year he launched his new label “Vive La Musique” and recorded good sales at record stores around the world and As a DJ, he was invited to major venues in Europe, America and Asia, and steadily established himself as a top DJ / artist. so He reigned as a key person in the current club / jazz soul music scene. This is the first time in two years,that will be held that in Kyoto Metro with the support of Doit JAZZ!

— | PROFILE | —

– Aroop Roy ( Vive La Musique ) –
JazzやFunk、世界中のルーツミュージックと最先端のHouse・Discoを融合させ、独自のサウンドを生み出し続けているUK出身のDJ/プロデューサー”Aroop Roy”。Mixmag,DJ Mag,Vice Magazineといったクラブカルチャー・メディアにて、常にその作品は高く評価され、Gilles Peterson, Soul Clap,Artwork, Detroit Swindle, Karizma,Laurent Garnierといった世界のトップDJ / アーティストから、世代やシーンを超えてサポートされ続け注目を集め続けている。2018年には自身のレーベル”Vive La Musique”を立ち上げ世界中の有力なレコードストアにて好調なセールスを記録した。これまでロンドン、ジュネーブ、東京ではレジデントDJを務め、5大陸40以上の都市でプレイ。そのDJプレイは、自身の楽曲に見られるように、オリジナリティ溢れる楽曲を縦横無尽にミックスし、グルーブとハーモニーを生み出している。

Aroop Roy is a UK DJ, producer and musician, who blends together the electronic edge of House and Disco with the organic sounds of jazz and funk and rhythms and voices from across the globe.His productions have been supported by tastemakers and DJs from diverse scenes and generations including Gilles Peterson, Soul Clap,Artwork, Detroit Swindle, Karizma, and Laurent Garnier.Always delivering quality, originality and universal dancefloor appeal,his releases consistently enjoy high charting and glowing reviews in key publications such as Mixmag, DJ Mag and Vice Magazine. In 2018, he launched his label Vive La Musique, gaining Record of the Week and topping sales charts at every influential record store.Aroop has performed in 5 continents and over 40 cities, and enjoyed residencies in London, Geneva and Tokyo. Like his productions,his DJ sets are always a performance full of originality and style.

“Brilliant producer” : Gilles Peterson
“The man of the moment” : Soul Clap
“A fantastic selector” : House of Yes, New York
“Irresisible soul” : DJ Mag

https://www.facebook.com/arooproymusic/
https://www.facebook.com/pg/arooproymusic/reviews
https://soundcloud.com/aroop-roy


DoitJAZZ!
2006 年 COLLAGE にて始動、2014 年から京都の老舗 Club Metro にて開催し続け2019年には13年目を迎える、日本有数のジャズ・クロスオーヴァー・イヴェント。テーマである”JAZZ”と同じように進化を続け、” レア・グルー ヴ” といわれる過去の良質な楽曲や最新のクロスオーヴァー・ミュージックを中心とした楽曲を同軸線上にとらえ選曲し、良質な音楽・空間を発信し続けている。全国の著名 DJ,LIVE や BEBOP Dancer らを招待し、また国際写真展とのコラボレーション等その活動の幅を広げ続けている。

In 2006, he starts his activities at Collage. Since 2014, he has been holding his concerts at Club Metro, a long-standing club in Kyoto. Selecting his tunes while regarding previous high-quality tunes called “rare groove” and pieces centering on the latest crossover music all on the same coaxial lines, he has been disseminating refined music and atmosphere. Inviting prominent disc jockeys and live and bebop dancers from throughout the country and collaborating with international photo exhibitions, he has kept expanding his range of activities.
http://www.doitjazz.jp/


Masaki Tamura
DJ / Architecture Designer。2003年に活動開始以降、新譜・旧譜問わずJAZZを軸とした選曲を得意とし、京都を代表するJAZZ / CROSSOVERイベント”Do it JAZZ!”を中心にDJを行い、LIVEアーティストからの信頼も厚く、選曲の幅を生かしホテル、ラウンジ等のサウンドサポートも行う等、京都・大阪・東京を中心に活躍中。昨年はヨーロッパシーンで活躍するHUGO LX、Aroop Royそして新世代バンドWONKを招待、Degoやfloating pointのサポートを務め、今年7月にはmixcloudアワードに選ばれた経歴を持つフランスのGONES THE DJとの共作であるジャパニーズ・ジャズのみを選曲したMixを発表し話題を集める。 Gilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーション”Worldwide FM”の 京都サテライト”WW KYOTO”のDJを務め京都祇園のニュースポット”Y gion”から毎月第二月曜日に発信中。
DoitJAZZ! WEB : http://www.doitjazz.jp/
Soundcloud : https://soundcloud.com/doitjazz


Kazuhiro Inoue
関西を中心に各地でDJとして活動。Acid JazzやRareGrooveの全盛時にClubでのJazzに興味を持つ。生音を中心に、Jazz、Soul、World Music、Progressive Rock、Noise、現代音楽等から徹底したDigで独自のGrooveを掘りおこしている。これまでに数多くのEvent でDJとして参加し、国内外の著明DJからも好評を得る。現在はJazzイヴェントDo it Jazz at metro、三昧 at JAPONICA、World Music イヴェントChila-Chila at Spanish Harlem Latin Clubにおいてフロアを沸かせている。

Mix CD 『Other Vibrations』
連載 ジャズ批評『Other Aspects』
Web Site : http://blog.goo.ne.jp/infinitesounds


Naoki Yoda
渡英していた経験から現地の
TechHOUSE,BREAK BEATや00年代のCROSSOVER系サウンドに影響されたエッジの効いたサウンドやMoodymannに代表されるようなJazzyかつsexyなトラックをPLAYする。JAPONICA music storeにてバイヤーを務めていた経験に裏打ちされた選曲は必見。


SOTA(Back Home / Rokujian)
月に10本以上のDJをこなす現場主義な選曲は4つ打ちを軸にHOUSE,DISCO,TECHNOとフロアを飽きさせず抜群の安定感。京都・東京のクラブ現場にて海外アーティストのサポートDJを数多く担当し、京都の音好きが集まる”WEST HARLEM”にてスウェーデンの人気リエディットレーベルである”Gamm”” Basic Fingers “の主催MAD MATSの京都ツアーを成功に導いたのも記憶に新しい。


KEISUKE DANCE (MAKELELE)
2005年頃からレコード収集を始め、2011年DJ活動を開始。10代の頃に聴いたHIPHOPに強い影響を受け、サンプリングソースであるSOUL.FUNK.DISCO.AFRO等の漆黒のサウンドを好んでプレイし、1970年代頃の旧譜から最新のチューンまで、その選曲・掘りは多岐にわたる。2017年、祇園のルーフトップバーin the Moon.で「MAKELELE」を主催し、グッドミュージックを天まで飛ばしている。

— | ENTRANCE | —

Door (当日) : 2500 yen + 1 drink fee
ADV (前売) : 2000 yen +1 drink fee

<前売りメール予約>
ticket@metro.ne.jpで受付けています。 前日までに、公演日、お名前と枚数を明記してメールして下さい。前売料金で入場頂けます。

<PG前売>
チケットぴあ(Pコード:149-185 )
e+ ( https://bit.ly/2FHraXc )※短縮URL
にて4/6より発売開始。

0

TSUBAKI fm Japan Tour in KYOTO
– 02/08 FRI at. @metro_kyoto ⛩ 🇯🇵TSUBAKI fm JP Tour in KYOTO🇯🇵 🎉Do it JAZZ! × TSUBAKI fm🎉 Guest are @midoriaoyama @RawSouta

Date : 2019. 02. 08. Fri.
Venue : METRO,Kyoto
Open : 21:00

— | LINE UP | —

Guest :
Midori Aoyama
Souta Raw

DJ:
Masaki Tamura
Kazuhiro Inoue
Naoki Yoda
SOTA (Back Home / Rokujian)
KEISUKE DANCE (MAKELELE)

VJ :
nyankee

Food :
明 ヶ 粋 ヶ

shop :
Tsubaki FM

Photo :
Aito Kodama

support by
Rane (MP2015)

— | ABOUT | —

2006 年 に始動以降COLLAGEそしてMETROへと場所を 変え、クラブ以外でも屋上のルーフトップやカフェ・バー、ラウンジ、ショップレセプション、 国際写真展とのコラボレーション等活動を広げ、日本、世界の著名DJを招待し、京都のJAZZ/CROSSOVERミュージックを発信し続けてきた、”DoitJAZZ!”、今回は東京発、インディペンデントミュージックを発信する新しい音楽プラットフォーム『TSUBAKI FM』とコラボレーション。 TSUBAKI FM 仕掛け人であり東京Contactで開催されている人気ハウス・ミュージックパーティ 「Eureka!」 を率いる “Midori Aoyama”。そして良質な音楽を発信し続け音好きに定評のある ”AoyamaTunnel”にてレギュラーとして活躍、玄人をうならせる選曲の ”Souta Raw”が登場。迎え撃つは京都同世代の職人的DJsとDoitJAZZ!レギュラーDJs。Jazz,Soul,Funk,DIsco,Boogieから最新のHouse / Crossoverまで良質な音楽空間をお届けいたします。

Starting in 2006, DoitJAZZ! has been expanding its reach and collaborating with clubs, cafe bars, lounges, shop receptions, and international photo exhibitions in COLLAGE and METRO. This time they will be collaborating with TSUBAKI FM in Tokyo, a new music platform promoting independent music, run by mastermind Midori Aoyama – leader of the popular House music party “Eureka!” held at Tokyo Contact. Joining the event is Souta Raw, a favorite among music lovers. He continues to impress professionals with his regular work with AoyamaTunnel. Competing against him are the craftsman DJs of Kyoto of the same generation, and regular DJs of DoitJAZZ! Look forward to a high quality experience with plenty of Jazz, Soul, Funk, Disco, Boogie, and the latest House / Crossover music.

— | VENUE | —

METRO
BF Ebisu Bldg. 82 Simodutsumi-cho kawabata Marutamachi sagaruru Sakyo-ku Kyoto Japan
Tel:075-752-4765
http://www.metro.ne.jp/

— | ENTRANCE | —

¥1000 Before 10PM
¥1000 Under 23 or Student
¥1500 Advance or w/Flyer
¥2000 Door
<+¥500 Drink>

※前売りメール予約→ticket@metro.ne.jpで受付けています。
前日までに、公演日、お名前と枚数を明記してメールして下さい。前売料金で入場頂けます。

 

— | PROFILE | —

TSUBAKI fm
東京発、インディペンデントミュージックを発信する新しい音楽プラットフォーム
『TSUBAKI FM』世界中から集まるクオリティの高いアーティストやリスナーを
キュレーションしながら日本のシーンに対して新しい風を送ります。
様々なカルチャーや多彩な音楽そしてライブブロードキャストを中心に毎週日曜日
18:00~21:00にしぶや道玄坂のウォーム・アップバー「しぶや花魁」から配信中。
Tsubaki FM is a brand new platform for independent music, straight
from the heart of Tokyo. We aim to bring new life to the underground
music scene in Japan while also helping better connect artists and
listeners worldwide. Get fresh tracks from diverse genres, music
culture information, live broadcasts, and more.
 
 

Midori Aoyama
東京生まれのDJ、プロデューサー。12年に自身がフロントマンを務めるイベント「Eureka!」が始動。青山Loopでの定期開催を経て13年にはUKからReel People / The Layaboutsを招きelevenにて開催。その後も、module、Zero、AIRと様々な会場に場所を移しながら、過去にKyodai、Detroit Swindle、Atjazz、Lay-Far、Mad Mats、Session Victimなど気鋭のアーティストの来日を手がけ東京のハウスミュージックシーンにおいて確かな評価を得る。過去にFuji RockやElectric Daisy Carnival (EDC)などの大型フェスティバルでの出演経験もあり、活躍は日本だけに留まらず、ロンドン、ストックホルム、ソウルそしてパリなどの都市やアムステルダムのClaire、スペインはマジョルカのGarito Cafeなどのハウスシーンの名門クラブでもプレイ。15年にはEureka!もレーベルとして始動し、スウェーデンの新興レーベル「Local Talk」とコラボレーションし、自身が選曲、ミックスを務めた「Local Talk VS EUREKA! – Our Quality House」を発表。その後も立て続けにEPリリースを手がけ、ファーストEPに「Crackazat – Coffee Time」続く2枚目はシカゴの重鎮Jamie 3:26とアムステルダムの俊英Masaloとのコラボ作「Red Light」そして、3枚目にはパリのサンプリングマスターS3AのEPを控えるなどレーベルの活躍も期待が高まる。現在は新しいインターネットラジオ局TSUBAKI FMをローンチし、彼の携わる全ての音楽活動にさらなる発信と深みをもたらしている。

Souta Raw
長年に渡り茶澤音學館でのレギュラー、そして7インチレコードに特化した45’sパーティDonuts#45のDJ/オーガナイズを担当して来たSouta Rawは、アンダーグラウンドディスコを軸に世界中の新旧問わず点在する辺境ダンスミュージックを織り交ぜるプレイスタイル。現在は毎週火曜日のAoyamaTunnelをレギュラーに都内を中心にDJ/パーティ・オーガナイザーとして活動中。
Masaki Tamura
DJ / Architecture Designer。2003年に活動開始以降、新譜・旧譜問わずJAZZを軸とした選曲を得意とし、京都を代表するJAZZ / CROSSOVERイベント”Do it JAZZ!”を中心にDJを行い、LIVEアーティストからの信頼も厚く、選曲の幅を生かしホテル、ラウンジ等のサウンドサポートも行う等、京都・大阪・東京を中心に活躍中。昨年はヨーロッパシーンで活躍するHUGO LX、Aroop Royそして新世代バンドWONKを招待、Degoやfloating pointのサポートを務め、今年7月にはmixcloudアワードに選ばれた経歴を持つフランスのGONES THE DJとの共作であるジャパニーズ・ジャズのみを選曲したMixを発表し話題を集める。 Gilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーション”Worldwide FM”の 京都サテライト”WW KYOTO”のDJを務め京都祇園のニュースポット”Y gion”から毎月第二月曜日に発信中。
DoitJAZZ! WEB : http://www.doitjazz.jp/
Kazuhiro Inoue
関西を中心に各地でDJとして活動。Acid JazzやRareGrooveの全盛時にClubでのJazzに興味を持つ。生音を中心に、Jazz、Soul、World Music、Progressive Rock、Noise、現代音楽等から徹底したDigで独自のGrooveを掘りおこしている。これまでに数多くのEvent でDJとして参加し、国内外の著明DJからも好評を得る。現在はJazzイヴェントDo it Jazz at metro、三昧 at JAPONICA、World Music イヴェントChila-Chila at Spanish Harlem Latin Clubにおいてフロアを沸かせている。
Mix CD 『Other Vibrations』
連載 ジャズ批評『Other Aspects』
Naoki Yoda
渡英していた経験から現地の
TechHOUSE,BREAK BEATや00年代のCROSSOVER系サウンドに影響されたエッジの効いたサウンドやMoodymannに代表されるようなJazzyかつsexyなトラックをPLAYする。JAPONICA music storeにてバイヤーを務めていた経験に裏打ちされた選曲は必見。
SOTA(Back Home / Rokujian)
月に10本以上のDJをこなす現場主義な選曲は4つ打ちを軸にHOUSE,DISCO,TECHNOとフロアを飽きさせず抜群の安定感。京都・東京のクラブ現場にて海外アーティストのサポートDJを数多く担当し、京都の音好きが集まる”WEST HARLEM”にてスウェーデンの人気リエディットレーベルである”Gamm”” Basic Fingers “の主催MAD MATSの京都ツアーを成功に導いたのも記憶に新しい。
KEISUKE DANCE (MAKELELE)
2005年頃からレコード収集を始め、2011年DJ活動を開始。10代の頃に聴いたHIPHOPに強い影響を受け、サンプリングソースであるSOUL.FUNK.DISCO.AFRO等の漆黒のサウンドを好んでプレイし、1970年代頃の旧譜から最新のチューンまで、その選曲・掘りは多岐にわたる。2017年、祇園のルーフトップバーin the Moon.で「MAKELELE」を主催し、グッドミュージックを天まで飛ばしている。
 
nyankee
アパレル会社プレス部と映像演出しています。プロジェクターを使って光の演出しています。ステージやフロアをキラキラさせます!
 

明 ヶ 粋 ヶ
2016.2.22 寺町丸太町の北東角、御所のお隣に移転オープン。
BARの皮を被ったスナックです。 アテが多少あったりします。
17:00頃〜24:00頃
不定休
 
0

2006 年 に始動以降COLLAGEそしてMETROへと場所を 変え、クラブ以外でも屋上のルーフトップやカフェ・バー、ラウンジ、ショップレセプション、 国際写真展とのコラボレーション等活動を広げ、日本、世界の著名DJを招待し、JAZZ/CROSSOVERミュージックを発信し続けてきた、”DoitJAZZ!”。今年7月にGilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーション”Worldwide FM”の 京都サテライト”WW KYOTO”に出演し勢いに乗るDoitJAZZ! レギュラーDJsと、LIVEには和とブラックミュージックを独自の解釈で披露する” Kyoto FLAVA Unit”が登場だ。 ジャンルを超えてクロスオーヴァーするミュージックをお見逃しなく!

In 2006, he starts his activities at Collage. Since 2014, he has been holding his concerts at Club Metro, a long-standing club in Kyoto. Selecting his tunes while regarding previous high-quality tunes called “rare groove” and pieces centering on the latest crossover music all on the same coaxial lines, he has been disseminating refined music and atmosphere. Inviting prominent disc jockeys and live and bebop dancers from throughout the country and collaborating with international photo exhibitions, he has kept expanding his range of activities.

▬▬ | LINE UP | ▬▬

DJ :
Do it JAZZ!

LIVE :
Kyoto FLAVA Unit

Food :
明 ヶ 粋 ヶ

▬▬ | ENTRANCE | ▬▬

Door (当日) : 1500 yen + 1 drink fee
22:00 – 23:00 (早割) : 1000yen + 1 drink fee
Student (学生) : 1000yen + 1 drink fee

▬▬ | PROFILE | ▬▬

DoitJAZZ!
2006 年 COLLAGE にて始動、2014 年から京都の老舗 Club Metro にて開催。” レア・グルー ヴ” といわれる過去の良質な楽曲や最新のクロスオーヴァー・ミュージックを中心とした楽曲を同 軸線上にとらえ選曲、良質な音楽・空間を発信し続けている。全国の著名 DJ,LIVE や BEBOP Dancer らを招待し、また国際写真展とのコラボレーション等その活動の幅を広げ続けている。

In 2006, he starts his activities at Collage. Since 2014, he has been holding his concerts at Club Metro, a long-standing club in Kyoto. Selecting his tunes while regarding previous high-quality tunes called “rare groove” and pieces centering on the latest crossover music all on the same coaxial lines, he has been disseminating refined music and atmosphere. Inviting prominent disc jockeys and live and bebop dancers from throughout the country and collaborating with international photo exhibitions, he has kept expanding his range of activities.

 

Masaki Tamura (Do it JAZZ!)
DJ / Architecture Designer。2003年に活動開始以降、新譜・旧譜問わずJAZZを軸とした選曲を得意とし、京都を代表するJAZZ / CROSSOVERイベント”Do it JAZZ!”を中心にDJを行い、LIVEアーティストからの信頼も厚く、選曲の幅を生かしホテル、ラウンジ等のサウンドサポートも行う等、京都・大阪・東京を中心に活躍中。昨年はヨーロッパシーンで活躍するHUGO LX、Aroop Royそして新世代バンドWONKを招待、Degoやfloating pointのサポートを務め、今年7月にはmixcloudアワードに選ばれた経歴を持つフランスのGONES THE DJとの共作であるジャパニーズ・ジャズのみを選曲したMixを発表し話題を集める。 Gilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーション”Worldwide FM”の 京都サテライト”WW KYOTO”のDJを務め京都祇園のニュースポット”Y gion”から毎月第二月曜日に発信中。

soundcloud
https://soundcloud.com/doitjazz

Kazuhiro Inoue
関西を中心に各地でDJとして活動。Acid JazzやRareGrooveの全盛時にClubでのJazzに興味を持つ。生音を中心に、Jazz、Soul、World Music、Progressive Rock、Noise、現代音楽等から徹底したDigで独自のGrooveを掘りおこしている。これまでに数多くのEvent でDJとして参加し、国内外の著明DJからも好評を得る。現在はJazzイヴェントDo it Jazz at metro、三昧 at JAPONICA、World Music イヴェントChila-Chila at Spanish Harlem Latin Clubにおいてフロアを沸かせている。

Mix CD 『Other Vibrations』
連載 ジャズ批評『Other Aspects』
Web Site : http://blog.goo.ne.jp/infinitesounds

Naoki Yoda
渡英していた経験から現地の
TechHOUSE,BREAK BEATや00年代のCROSSOVER系サウンドに影響されたエッジの効いたサウンドやMoodymannに代表されるようなJazzyかつsexyなトラックをPLAYする。JAPONICA music storeにてバイヤーを務めていた経験に裏打ちされた選曲は必見。

 

Kyoto FLAVA Unit
「京都から世界へ。」をコンセプトにしたイベント、「Kyoto FLAVA Session 」のメンバーによるユニット。
2016年から始動した「Kyoto FLAVA Session 」は東京やNYで活躍中のミュージシャンをゲストに迎え毎回満員御礼、盛況を博す。過去の参加ミュージシャンは50名を超える。
ユニットでは様々なセッションで洗練されたソウルフルな歌声に、和と現代的な響きをミックスしたコンテンポラリーなサウンドを奏でる。
またオリジナルやカバーでの楽曲制作なども行い、ブラックミュージックと和のクロスオーバーなサウンドで様々なシーンから賞賛を得る。
セッションからスタートしたエネルギー溢れるステージは演者を3人から30人まで流動的に規模を変化させ、独自の音と共にフロアを盛り上げる。多くのアーティストと演奏する中で磨かれたサウンドを是非一度体感して下さい。

Kyoto FLAVA Unit
Vo. KEI
Gt. Yuuki Katayama
Key. Takayuki Umeda
〜and FLAVA crew

明 ヶ 粋 ヶ
2016.2.22 寺町丸太町の北東角、御所のお隣に移転オープン。
BARの皮を被ったスナックです。 アテが多少あったりします。

17:00頃〜24:00頃
不定休

https://www.facebook.com/ateyaakesuke

0

SAT day / this weekend / 23th 06
@Kyoto Metro

今回のDoitJAZZ!は
– 関西Boogie Session –

今年の裏テーマは【地元ローカルDJ】ですので、ローカルで根をはってやってる実力派音楽好きDJsを大阪と京都から招待させていただきました。それぞれが思うBOOGIEをお楽しみに!YgionでのWWKyoto収録後に向かいます。

The theme of this time is “KANSAI BOOGIE SESSION”.Guest are “Shogo Yokoyama from Osaka”,”Matsuoka Shintaro from Osaka”,KEISUKE DANCE from Kyoto.Cross over dance music from Osaka x Kyoto that has gone beyond the genre is not to be missed!

https://www.facebook.com/events/374132513091812/

Do it JAZZ!
– KANSAI BOOGIE SESSION –

Date : 2018. 06.23. SAT.
Venue : METRO,Kyoto
Open : 22:00

▬▬ | ENTRANCE | ▬▬

Door (当日) : 1500 yen + 1 drink fee
22:00 – 23:00 (早割) : 1000 yen + 1 drink fee
Student (学生) : 1000 yen + 1 drink fee
※アディダスジャージ着用の方は1000 yen + 1 drink fee

▬▬ | LINE UP | ▬▬

feat. DJs :
Shogo Yokoyama from Osaka
Shintaro Matsuoka from Osaka
KEISUKE DANCE (MAKELELE) from Kyoto

Do it JAZZ! DJs :
Masaki Tamura
Kazuhiro Inoue
Naoki Yoda

Food :
明 ヶ 粋 ヶ

▬▬ | VENUE | ▬▬

METRO
BF Ebisu Bldg. 82 Simodutsumi-cho kawabata Marutamachi sagaruru Sakyo-ku Kyoto Japan
Tel:075-752-4765
http://www.metro.ne.jp/

▬▬ | ABOUT | ▬▬

2006 年 に始動以降COLLAGEそしてMETROへと場所を 変え、クラブ以外でも屋上のルーフトップやカフェ・バー、ラウンジ、ショップレセプション、 国際写真展とのコラボレーション等活動を広げ、日本、世界の著名DJを招待し、JAZZ/CROSSOVERミュージックを発信し続けてきた、”DoitJAZZ!”。今回は”KANSAI BOOGIESESSION”をテーマに関西圏で活躍するLocal DJsが京都メトロに集結する。大阪からは、東京渋谷の老舗クラブにて数々のレギュラーパーティにてDJし近年は拠点を大阪に移しDISCO/BOOGIEを中心とした選曲で盛り上げている「Shogo Yokoyama」。梅田NOONで行われている「BOSSANOVA underground」や南船場THE GOOD THINGの人気パーティ「夜更けのグルーヴ」等で活躍しSOUL / BRAZIL / DISCO等の旧譜を得意とする「Shintaro Matsuoka」。京都からは京都屈指のロケーションであるin the moonにて「MAKELELE」を主宰しFUNK / SOUL / BOOGIEとブラックミュージックを愛する「KEISUKE DANCE」が登場だ。JAZZ,SOUL,FUNK等のブラック・フィーリングあふれるトラックから、それらのエッセンスを取り込んだ最新のクロスオーヴァー・ミュージックを同軸に選曲しナイスなグルーヴを発信していくDoitJAZZ! DJsとレコードの音をミキサーに乗せて、あふれ出るバイブスを是非楽しんでください!

In 2006, he starts his activities at Collage. Since 2014, he has been holding his concerts at Club Metro, a long-standing club in Kyoto. Selecting his tunes while regarding previous high-quality tunes called “rare groove” and pieces centering on the latest crossover music all on the same coaxial lines, he has been disseminating refined music and atmosphere. Inviting prominent disc jockeys and live and bebop dancers from throughout the country and collaborating with international photo exhibitions, he has kept expanding his range of activities.The theme of this time is “KANSAI BOOGIE SESSION”.Guest are “Shogo Yokoyama from Osaka”,”Matsuoka Shintaro from Osaka”,KEISUKE DANCE from Kyoto.Cross over dance music from Osaka x Kyoto that has gone beyond the genre is not to be missed!
http://www.doitjazz.jp/

▬▬ | PROFILE | ▬▬

Shogo Yokoyama
DJカルチャーをヒップホップを通じて学び、90年後半からDJ活動を開始。後に様々な人との出会いによって、ジャンルを飛び越えたクラブミュージックシーンのデカさに衝撃を覚える。2000年以降、様々なクラブミュージックを追い求めながら、都内クラブを中心に渋谷Organ Bar、THE ROOM、SHIBUYA CLUB BALLでのレギュラーパーティーを経験。数年前より活動の場を関西に移し、日々刺激的な出会いを重ねながら各所でプレイ中。

Shintaro Matsuoka
大阪中心に活動しているDJで主に生音中心(jazz.soul.Disco)の選曲を得意としている。
自身のイベント夜更けのグルーヴはジャンルに囚われず、ロックやヒップホップ等の多彩な音楽仲間と共にジャンルの垣根を越えたスタイルでイベントを行なっている。

KEISUKE DANCE (MAKELELE)
2005年頃からレコード収集を始め、2011年DJ活動を開始。10代の頃に聴いたHIPHOPに強い影響を受け、サンプリングソースであるSOUL.FUNK.DISCO.AFRO等の漆黒のサウンドを好んでプレイし、1970年代頃の旧譜から最新のチューンまで、その選曲・掘りは多岐にわたる。2017年、祇園のルーフトップバーin the Moon.で「MAKELELE」を主催し、グッドミュージックを天まで飛ばしている。

Masaki Tamura (Do it JAZZ!)
DJ / Architecture Designer。2003年に活動開始以降、新譜・旧譜問わずJAZZを軸とした選曲を得意とし、京都を代表するJAZZ / CROSSOVERイベント”Do it JAZZ!”を中心にDJを行い、LIVEアーティストからの信頼も厚く、選曲の幅を生かしカフェ、ラウンジ等のサウンドサポートも行う等、京都・大阪・東京を中心に活躍中。昨年は沖野修也がプロデュースする渋谷”THE ROOM”にて行われた”新生音JAZZ”にてレジデンツ沖野修也・松浦俊夫に続きDJとして抜擢、ヨーロッパシーンで活躍するHUGO LX、Aroop Royそして新世代バンドWONKを招待、Degoやfloating pointのサポートを務めた。 Gilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーション”Worldwide FM”の 京都サテライト”WW KYOTO”のDJを務め京都祇園のニュースポット”Y gion”から毎月第二月曜日に発信中。

Started to perform as DJ/ Architecture Designer excelled mainly at selecting both old and new JAZZ music since 2003 and held various representative events of Kyoto like a CROSSOVER event, “Do it JAZZ!”. To stop the changing trend of music from analog to digital, he/she gathered bands and DJs with the background of BLACK MUSIC and produced “FREE YOUR MIND (METRO Kyoto)” based on the concept of “delivering rich live music from the afternoon on Sunday”. He/She is also deeply trusted by LIVE performing artists through Osaka’s representative JAZZ-related event “BOSSANOVA underground (NOON+Cafe)” that includes multiple elements such as LIVE, ART, FOOD and DJ. Besides, he/she supports cafes and lounges,making the most of his/her wide selection of music and mainly work in Kyoto, Osaka and Tokyo.

DoitJAZZ! WEB
http://www.doitjazz.jp/

soundcloud
https://soundcloud.com/doitjazz

Kazuhiro Inoue
関西を中心に各地でDJとして活動。Acid JazzやRareGrooveの全盛時にClubでのJazzに興味を持つ。生音を中心に、Jazz、Soul、World Music、Progressive Rock、Noise、現代音楽等から徹底したDigで独自のGrooveを掘りおこしている。これまでに数多くのEvent でDJとして参加し、国内外の著明DJからも好評を得る。現在はJazzイヴェントDo it Jazz at metro、三昧 at JAPONICA、World Music イヴェントChila-Chila at Spanish Harlem Latin Clubにおいてフロアを沸かせている。

Mix CD 『Other Vibrations』
連載 ジャズ批評『Other Aspects』
Web Site : http://blog.goo.ne.jp/infinitesounds

Naoki Yoda
渡英していた経験から現地の
TechHOUSE,BREAK BEATや00年代のCROSSOVER系サウンドに影響されたエッジの効いたサウンドやMoodymannに代表されるようなJazzyかつsexyなトラックをPLAYする。JAPONICA music storeにてバイヤーを務めていた経験に裏打ちされた選曲は必見。

今週土曜日は Kyoto MetroにてDoitJAZZ!が開催されます!
がその前に同日、土曜日19時から、次回放送予定のWWKyoto @Worldwide FMの公開収録を Y gion4Fにて行います。

今回WWKyotoは、
DoitJAZZ_KYOTO とのコラボレーションでお送りします。
WW KYOTOでもおなじみの Masaki Tamura率いるメンバーが良質な音楽・空間を発信してくれます。
with 井上 和洋 (Kazuhiro Inoue) / Naoki Yoda

是非収録見に来てください!

this SAT day (before my party on METRO)
“WWKyoto vol. 09” will be recording at Ygion, start on 19:00.
(on Air will be on 9th July)
the satellite of Worldwide FM is welcoming DoitJAZZ!
please check it , afterthat together go out for METRO 🙂

WW KYOTO Worldwide FM: 沖野 修也 (Shuya Okino) with
DoitJAZZ_KYOTO from Y gion

Worldwide FMは「音楽の伝道師」と慕われるラジオ/クラブDJのGilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーションです。Londonに本部を置き、今やLA、 Rio de Janeiro、 Brussels、Tokyo、 Paris、そしてBerlinに勢力を広めた世界が注目するオンライン・プラットフォームが、ついに京都サテライトをスタート! DJ沖野修也率いる京都で活躍するDJたちが、ロンドン経由で世界へと「京都の粋」を上質な音楽セレクションと共に発信します。

WW KYOTO9回目は DoitJAZZ_KYOTO とのコラボレーションでお送りします。
2006年メトロからはじまったDo it JAZZ!
WW KYOTOでもおなじみの Masaki Tamura率いるメンバーが良質な音楽・空間を発信してくれます。

🔶イベント情報
公開収録のイベントです。
2018/6/23(土) 19:00-21:00
Y gion 4Fより 入場無料

🔶放送日
2018/7/9(月) 19:00〜21:00
Worldwide FM(高音質 音声配信): https://worldwidefm.net
Facebook(動画配信): Y gion

🔶ゲスト
【DoitJAZZ!】
2006 年 COLLAGE にて始動、2014 年から京都の老舗 Club Metro にて開催。” レア・グルー ヴ” といわれる過去の良質な楽曲や最新のクロスオーヴァー・ミュージックを中心とした楽曲を同 軸線上にとらえ選曲、良質な音楽・空間を発信し続けている。全国の著名 DJ,LIVE や BEBOP Dancer らを招待し、また国際写真展とのコラボレーション等その活動の幅を広げ続けている。
DoitJAZZ! WEB
http://www.doitjazz.jp/
soundcloud
https://soundcloud.com/doitjazz

【Masaki Tamura】
DJ / Architecture Designer。2003年に活動開始以降、新譜・旧譜問わずJAZZを軸とした選曲を得意とし、京都を代表するJAZZ / CROSSOVERイベント”Do it JAZZ!”を中心にDJを行い、LIVEアーティストからの信頼も厚く、選曲の幅を生かしカフェ、ラウンジ等のサウンドサポートも行う等、京都・大阪・東京を中心に活躍中。昨年は沖野修也がプロデュースする渋谷”THE ROOM”にて行われた”新生音JAZZ”にてレジデンツ沖野修也・松浦俊夫に続きDJとして抜擢、ヨーロッパシーンで活躍するHUGO LX、Aroop Royそして新世代バンドWONKを招待、Degoやfloating pointのサポートを務めた。 Gilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーション”Worldwide FM”の 京都サテライト”WW KYOTO”のDJを務め京都祇園のニュースポット”Y gion”から毎月第二月曜日に発信中。

【Kazuhiro Inoue】
関西を中心に各地でDJとして活動。Acid JazzやRareGrooveの全盛時にClubでのJazzに興味を持つ。生音を中心に、Jazz、Soul、World Music、Progressive Rock、Noise、現代音楽等から徹底したDigで独自のGrooveを掘りおこしている。これまでに数多くのEvent でDJとして参加し、国内外の著明DJからも好評を得る。現在はJazzイヴェントDo it Jazz at metro、三昧 at JAPONICA、World Music イヴェントChila-Chila at Spanish Harlem Latin Clubにおいてフロアを沸かせている。

【Naoki Yoda】
渡英していた経験から現地の
TechHOUSE,BREAK BEATや00年代のCROSSOVER系サウンドに影響されたエッジの効いたサウンドやMoodymannに代表されるようなJazzyかつsexyなトラックをPLAYする。JAPONICA music storeにてバイヤーを務めていた経験に裏打ちされた選曲は必見。

0

次回のDoitJAZZ!は6月23日土曜日京都メトロにて、
大阪からShogo Yokoyama,Shintaro Matsuoka,京都からKEISUKE DANCEを招待し関西ローカルパワーで開催です。テーマは”BOOGIE”。謎のアディダスジャージ着用割引あります。

The theme of this time is “KANSAI BOOGIE SESSION”.Guest are “Shogo Yokoyama from Osaka”,”Matsuoka Shintaro from Osaka”,KEISUKE DANCE from Kyoto.Cross over dance music from Osaka x Kyoto that has gone beyond the genre is not to be missed!

Do it JAZZ!
– KANSAI BOOGIE SESSION –

Date : 2018. 06.23. SAT.
Venue : METRO,Kyoto
Open : 22:00

▬▬ | ENTRANCE | ▬▬

Door (当日) : 1500 yen + 1 drink fee
22:00 – 23:00 (早割) : 1000 yen + 1 drink fee
Student (学生) : 1000 yen + 1 drink fee
※アディダスジャージ着用の方は1000 yen + 1 drink fee

▬▬ | LINE UP | ▬▬

feat. DJs :
Shogo Yokoyama from Osaka
Shintaro Matsuoka from Osaka
KEISUKE DANCE (MAKELELE) from Kyoto

Do it JAZZ! DJs :
Masaki Tamura
Kazuhiro Inoue
Naoki Yoda

Food :
明 ヶ 粋 ヶ

▬▬ | VENUE | ▬▬

METRO
BF Ebisu Bldg. 82 Simodutsumi-cho kawabata Marutamachi sagaruru Sakyo-ku Kyoto Japan
Tel:075-752-4765
http://www.metro.ne.jp/

▬▬ | ABOUT | ▬▬

2006 年 に始動以降COLLAGEそしてMETROへと場所を 変え、クラブ以外でも屋上のルーフトップやカフェ・バー、ラウンジ、ショップレセプション、 国際写真展とのコラボレーション等活動を広げ、日本、世界の著名DJを招待し、JAZZ/CROSSOVERミュージックを発信し続けてきた、”DoitJAZZ!”。今回は”KANSAI BOOGIESESSION”をテーマに関西圏で活躍するLocal DJsが京都メトロに集結する。大阪からは、東京渋谷の老舗クラブにて数々のレギュラーパーティにてDJし近年は拠点を大阪に移しDISCO/BOOGIEを中心とした選曲で盛り上げている「Shogo Yokoyama」。梅田NOONで行われている「BOSSANOVA underground」や南船場THE GOOD THINGの人気パーティ「夜更けのグルーヴ」等で活躍しSOUL / BRAZIL / DISCO等の旧譜を得意とする「Shintaro Matsuoka」。京都からは京都屈指のロケーションであるin the moonにて「MAKELELE」を主宰しFUNK / SOUL / BOOGIEとブラックミュージックを愛する「KEISUKE DANCE」が登場だ。JAZZ,SOUL,FUNK等のブラック・フィーリングあふれるトラックから、それらのエッセンスを取り込んだ最新のクロスオーヴァー・ミュージックを同軸に選曲しナイスなグルーヴを発信していくDoitJAZZ! DJsとレコードの音をミキサーに乗せて、あふれ出るバイブスを是非楽しんでください!

In 2006, he starts his activities at Collage. Since 2014, he has been holding his concerts at Club Metro, a long-standing club in Kyoto. Selecting his tunes while regarding previous high-quality tunes called “rare groove” and pieces centering on the latest crossover music all on the same coaxial lines, he has been disseminating refined music and atmosphere. Inviting prominent disc jockeys and live and bebop dancers from throughout the country and collaborating with international photo exhibitions, he has kept expanding his range of activities.The theme of this time is “KANSAI BOOGIE SESSION”.Guest are “Shogo Yokoyama from Osaka”,”Matsuoka Shintaro from Osaka”,KEISUKE DANCE from Kyoto.Cross over dance music from Osaka x Kyoto that has gone beyond the genre is not to be missed!
http://www.doitjazz.jp/

▬▬ | PROFILE | ▬▬

Shogo Yokoyama
DJカルチャーをヒップホップを通じて学び、90年後半からDJ活動を開始。後に様々な人との出会いによって、ジャンルを飛び越えたクラブミュージックシーンのデカさに衝撃を覚える。2000年以降、様々なクラブミュージックを追い求めながら、都内クラブを中心に渋谷Organ Bar、THE ROOM、SHIBUYA CLUB BALLでのレギュラーパーティーを経験。数年前より活動の場を関西に移し、日々刺激的な出会いを重ねながら各所でプレイ中。

Shintaro Matsuoka
大阪中心に活動しているDJで主に生音中心(jazz.soul.Disco)の選曲を得意としている。
自身のイベント夜更けのグルーヴはジャンルに囚われず、ロックやヒップホップ等の多彩な音楽仲間と共にジャンルの垣根を越えたスタイルでイベントを行なっている。

KEISUKE DANCE (MAKELELE)
2005年頃からレコード収集を始め、2011年DJ活動を開始。10代の頃に聴いたHIPHOPに強い影響を受け、サンプリングソースであるSOUL.FUNK.DISCO.AFRO等の漆黒のサウンドを好んでプレイし、1970年代頃の旧譜から最新のチューンまで、その選曲・掘りは多岐にわたる。2017年、祇園のルーフトップバーin the Moon.で「MAKELELE」を主催し、グッドミュージックを天まで飛ばしている。

Masaki Tamura (Do it JAZZ!)
DJ / Architecture Designer。2003年に活動開始以降、新譜・旧譜問わずJAZZを軸とした選曲を得意とし、京都を代表するJAZZ / CROSSOVERイベント”Do it JAZZ!”を中心にDJを行い、LIVEアーティストからの信頼も厚く、選曲の幅を生かしカフェ、ラウンジ等のサウンドサポートも行う等、京都・大阪・東京を中心に活躍中。昨年は沖野修也がプロデュースする渋谷”THE ROOM”にて行われた”新生音JAZZ”にてレジデンツ沖野修也・松浦俊夫に続きDJとして抜擢、ヨーロッパシーンで活躍するHUGO LX、Aroop Royそして新世代バンドWONKを招待、Degoやfloating pointのサポートを務めた。 Gilles Petersonがスタートしたオンライン・ラジオステーション”Worldwide FM”の 京都サテライト”WW KYOTO”のDJを務め京都祇園のニュースポット”Y gion”から毎月第二月曜日に発信中。

Started to perform as DJ/ Architecture Designer excelled mainly at selecting both old and new JAZZ music since 2003 and held various representative events of Kyoto like a CROSSOVER event, “Do it JAZZ!”. To stop the changing trend of music from analog to digital, he/she gathered bands and DJs with the background of BLACK MUSIC and produced “FREE YOUR MIND (METRO Kyoto)” based on the concept of “delivering rich live music from the afternoon on Sunday”. He/She is also deeply trusted by LIVE performing artists through Osaka’s representative JAZZ-related event “BOSSANOVA underground (NOON+Cafe)” that includes multiple elements such as LIVE, ART, FOOD and DJ. Besides, he/she supports cafes and lounges,making the most of his/her wide selection of music and mainly work in Kyoto, Osaka and Tokyo.

DoitJAZZ! WEB
http://www.doitjazz.jp/

soundcloud
https://soundcloud.com/doitjazz

Kazuhiro Inoue
関西を中心に各地でDJとして活動。Acid JazzやRareGrooveの全盛時にClubでのJazzに興味を持つ。生音を中心に、Jazz、Soul、World Music、Progressive Rock、Noise、現代音楽等から徹底したDigで独自のGrooveを掘りおこしている。これまでに数多くのEvent でDJとして参加し、国内外の著明DJからも好評を得る。現在はJazzイヴェントDo it Jazz at metro、三昧 at JAPONICA、World Music イヴェントChila-Chila at Spanish Harlem Latin Clubにおいてフロアを沸かせている。

Mix CD 『Other Vibrations』
連載 ジャズ批評『Other Aspects』
Web Site : http://blog.goo.ne.jp/infinitesounds

Naoki Yoda
渡英していた経験から現地の
TechHOUSE,BREAK BEATや00年代のCROSSOVER系サウンドに影響されたエッジの効いたサウンドやMoodymannに代表されるようなJazzyかつsexyなトラックをPLAYする。JAPONICA music storeにてバイヤーを務めていた経験に裏打ちされた選曲は必見。c

0


Do it “生”JAZZ!
– Kyoto Experience –

Date : 2018. 03. 16. Fri.
Venue : METRO,Kyoto
Open : 22:00

▬▬ | ENTRANCE | ▬▬

Door (当日) : 1500 yen + 1 drink fee
22:00 – 23:00 (早割) : 1000yen + 1 drink fee
Student(学生) : 1000yen + 1 drink fee

▬▬ | LINE UP | ▬▬

DJ :
Takanori Hirano (Bootsy’s Records)
Takeshi Yamaguchi (Craftbeer& Sake/Vinyl Shop ハ)
NEON YAMADA (NEON) & Yo!shit (NEON)
Ouchi-S (Connected Underground)

LIVE :
Kyoto FLAVA Unit
( Vo. KEI / Gt. Yuuki Katayama / Key. Takayuki Umeda and FLAVA crew )

&
Do it JAZZ!

Food :
明 ヶ 粋 ヶ

▬▬ | VENUE | ▬▬

METRO
BF Ebisu Bldg. 82 Simodutsumi-cho kawabata Marutamachi sagaruru Sakyo-ku Kyoto Japan
Tel:075-752-4765
http://www.metro.ne.jp/

▬▬ | ABOUT | ▬▬

2006 年 に始動以降COLLAGEそしてMETROへと場所を 変え、クラブ以外でも屋上のルーフトップやカフェ・バー、ラウンジ、ショップレセプション、 国際写真展とのコラボレーション等活動を広げ、日本、世界の著名DJを招待し、JAZZ/CROSSOVERミュージックを発信し続けてきた、”DoitJAZZ!”。去年の3月に行われて好評だったDo it”生”JAZZ企画が今年も開催決定、経験に裏打ちされた知識を持つ 京都にて活躍するDJsが集合する。” Bootsy’s Records”主宰、ブラックミュージック・マスターとして玄人をも唸らせ続ける京都が誇るリビング・レジェンド” Takanori Hirano”、CLUB COLLAGEをプロデュースしシーンを支え続け、現在は” Craftbeer& Sake/Vinyl Shop ハ”店主として音楽を伝え続ける” Takeshi Yamaguchi”、SOUL,AORを主としたロングラン・パーティ”NEON”から”NEON YAMADA”と” Yo!shit”、DEEP TECHNOシーンでも活躍し” Connected Underground”に出演する” Ouchi-S”らが、生音JAZZ/FUNK/SOULセットで盛り上げる。LIVEには和とブラックミュージックを独自の解釈で披露する” Kyoto FLAVA Unit”がMETRO初登場だ。 ジャンルを超えてクロスオーヴァーするミュージックをお見逃しなく!

Following its launch in 2006, moving from COLLAGE to METRO, “DoitJAZZ” has expanded its artistic activities to rooftops, cafe bars, lounges, store receptions, and collaborations with international photo exhibitions in addition to clubs, inviting famous DJ performers from Japan and all over the world, in distributing JAZZ/CROSSOVER music from Kyoto. The theme of this time is “namaoto – Jazz”. To put on a selection of the live old score JAZZ/SOUL/FUNK -only music, which is the origin of the current progressive JAZZ/CROSSOVER.

Do it JAZZ!

0

< 02/10(sat) Do it JAZZ! at METRO,Kyoto >
Do it JAZZ! DJ :
Masaki Tamura / Kazuhiro Inoue / Naoki Yoda
Food : 明 ヶ 粋 ヶ

僕たちです。今週土曜日、京都メトロにて。
————————
2006 年 COLLAGE にて始動、2014 年から京都の老舗 Club Metro にて開催。” レア・グルー ヴ” といわれる過去の良質な楽曲や最新のクロスオーヴァー・ミュージックを中心とした楽曲を同 軸線上にとらえ選曲、良質な音楽・空間を発信し続けている。全国の著名 DJ,LIVE や BEBOP Dancer らを招待し、また国際写真展とのコラボレーション等その活動の幅を広げ続けている。

Do it JAZZ!

In 2006, he starts his activities at Collage. Since 2014, he has been holding his concerts at Club Metro, a long-standing club in Kyoto. Selecting his tunes while regarding previous high-quality tunes called “rare groove” and pieces centering on the latest crossover music all on the same coaxial lines, he has been disseminating refined music and atmosphere. Inviting prominent disc jockeys and live and bebop dancers from throughout the country and collaborating with international photo exhibitions, he has kept expanding his range of activities.

Do it JAZZ!

0

< 02/10(sat) Do it JAZZ! at METRO,Kyoto, >
GUEST :
DJ SHINYA

一時代を築いたレコードショップ”ジャポニカ”のバイヤーを務め、ブラックミュージックパーティ”BUTTER”を主宰していたDJ SHINYAが久しぶりに京都メトロに登場だ。同世代で信頼できるプロDJ!久々に一緒に出来るのが楽しみです。

————————

惜しまれつつも閉店した京都の某新譜セレクト・レコードショップのバイヤーを長年勤め、そこで培われたブラックミュージック・ベースの幅広い音楽感を武器に各地様々なパーティーでマイペースにDJ活動中。2011年DJ DUCT「BACKYARD EDIT PT.6 : DETROIT RE-SESSION EP」(12inch)へDJ KENSEI、OBRIGARRD、9dwと錚々たるメンバーと共にリミックス参加を機にトラックメイカーとしても活動を開始。その後同名イベントより派生したレーベル<NOT NULL NOT FULL>より7inchを2枚リリース、2015年にはシアトルのアーティストTHE CHEEBACABRAのリミックス・アルバム「RETOUCHED」(2LP/CD)にリミキサーとして参加、2017年9月にはヨーロッパの某エディット・レーベルより匿名で12inchをリリース。各レコードショップで好評の模様。

0

< 02/10(sat) Do it JAZZ! at METRO,Kyoto >
GUEST :
黒田大介 (kickin)

12年目一発目に出演して頂くのは日本屈指のFunk DJの黒田大介 (kickin)さん。去年ルームでお見かけした時のクロスオーバーな選曲に衝撃を受けまして、是非とも、とお願い致しました。グルーヴのある楽曲のよさを引き出す選曲、楽しみです。

————————

トップFunk DJとして日本各地の地下クラブはもちろん、国内フェスや海外のソウルフェス、緩めのラウンジまで日々ハードに活動中。また、海外主要レーベルのリイシュー・プロジェクトへの協力や国内重要作品の選曲/監修を手掛けることも多く、その審美感覚が生かされたミュージック・キュレーターとしての活動も多岐にわたる。近年では、ポスト・レア・グルーヴ的コンピレーション『Deep Enough vol.1』、”哀愁”をコンセプトに構成された『kickin presents : The Little Beaver Songbook』、ブギー世代の新感覚でTK Discoをコンパイルした2枚組『The Sound Of TK Disco』、NYのDe-lite音源をDJ視点でセレクトした『kickin Presents De-Lite 45s: DJ’s Choice 1969-1976』など、話題作を次々とリリース。特に現在第7集まで続くMix CDシリーズ“kickin”は、Funk45s/レアグルーヴDJのバイブルとして国内外のシーンから熱い支持を受けている。2015年に自身のレーベル” kickin “を始動。セレクションの妙が際立つ同レーベルからはこれまで5枚の7”シングルをリリース。今後さらに精力的な活動が期待されている。

http://www.kickin45.com/

0

– 02/10 DoitJAZZ! Guest –
ゲストに日本のトップFUNK DJ、” kickin “レーベルでお馴染みの”黒田大介”さんが登場です。
FUNKのみならずCrossover系もまぜて頂くスペシャルな選曲をお願い致しました。
そして元ジャポニカの名物バイヤーとして腕をならした”DJ SHINYA”君が久しぶりにメトロに登場してくれます。HIP HOP DJとして始動した彼ですが今やSOUL/DISCO/BOOGIEから新譜までかける独自のグルーヴは改めて必見です。

The theme of this time is “kuro – Jazz”.
tonight guest “Daisuke Kuroda ” Organized label of Japan – call name “kickin”, who blends together the organic elements of funk,soul,raregroove and Crossover music. and “DJ Shinya ” is ex-buyer of “Japonica” who released “secret edit” from indie label of EU.
We are able to return this favor through the thing that we love – recording music with fantastic artists across the globe.We hope you’ll have a great night!


黒田大介 (kickin)
トップFunk DJとして日本各地の地下クラブはもちろん、国内フェスや海外のソウルフェス、緩めのラウンジまで日々ハードに活動中。また、海外主要レーベルのリイシュー・プロジェクトへの協力や国内重要作品の選曲/監修を手掛けることも多く、その審美感覚が生かされたミュージック・キュレーターとしての活動も多岐にわたる。近年では、ポスト・レア・グルーヴ的コンピレーション『Deep Enough vol.1』、”哀愁”をコンセプトに構成された『kickin presents : The Little Beaver Songbook』、ブギー世代の新感覚でTK Discoをコンパイルした2枚組『The Sound Of TK Disco』、NYのDe-lite音源をDJ視点でセレクトした『kickin Presents De-Lite 45s: DJ’s Choice 1969-1976』など、話題作を次々とリリース。特に現在第7集まで続くMix CDシリーズ“kickin”は、Funk45s/レアグルーヴDJのバイブルとして国内外のシーンから熱い支持を受けている。2015年に自身のレーベル” kickin “を始動。セレクションの妙が際立つ同レーベルからはこれまで5枚の7”シングルをリリース。今後さらに精力的な活動が期待されている。
http://www.kickin45.com/


DJ SHINYA
惜しまれつつも閉店した京都の某新譜セレクト・レコードショップのバイヤーを長年勤め、そこで培われたブラックミュージック・ベースの幅広い音楽感を武器に各地様々なパーティーでマイペースにDJ活動中。2011年DJ DUCT「BACKYARD EDIT PT.6 : DETROIT RE-SESSION EP」(12inch)へDJ KENSEI、OBRIGARRD、9dwと錚々たるメンバーと共にリミックス参加を機にトラックメイカーとしても活動を開始。その後同名イベントより派生したレーベル<NOT NULL NOT FULL>より7inchを2枚リリース、2015年にはシアトルのアーティストTHE CHEEBACABRAのリミックス・アルバム「RETOUCHED」(2LP/CD)にリミキサーとして参加、2017年9月にはヨーロッパの某エディット・レーベルより匿名で12inchをリリース。各レコードショップで好評の模様。

0

Next “DoitJAZZ!…

継続は力なりということで12年目の2018年一発目は2月10日土曜日、おなじみ京都メトロからお送り致します。
昨年は海外の著名DJのみんなを招待して世界基準の京都にしたいという裏目標があったんですが、今年は国内にも数多くおられる素晴らしいDJさん達と発信していけたらと思ってます。

テーマは”黒”ということで、ゲストに日本のトップFUNK DJ、” kickin “レーベルでお馴染みの”黒田大介”さんが登場です。
FUNKにみならずCrossover系もまぜて頂くスペシャルな選曲をお願い致しました。
そして元ジャポニカの名物バイヤーとして腕をならした”DJ SHINYA”君が久しぶりにメトロに登場してくれます。HIP HOP DJとして始動した彼ですが今やSOUL/DISCO/BOGGIEから新譜までかける独自のグルーヴは改めて必見です。
迎え撃つのはDoiJAZZ!オリジナルメンバーと丸太町の胃袋”明 ヶ 粋 ヶ”が黒いFoodを提供してくれます。
少し先ですが是非日程チェックよろしくでっす!

The theme of this time is “kuro – Jazz”.
tonight guest “Daisuke Kuroda ” Organized label of Japan – call name “kickin”, who blends together the organic elements of funk,soul,raregroove and Crossover music. and “DJ Shinya ” is ex-buyer of “Japonica” who released “secret edit” from indie label of EU.
We are able to return this favor through the thing that we love – recording music with fantastic artists across the globe.We hope you’ll have a great night!

Do it JAZZ!

Date : 2018. 02. 10. Sat.
Venue : METRO,Kyoto
Open : 22:00

▬▬ | ENTRANCE | ▬▬

Door (当日) : 2000 yen + 1 drink fee
ADV (前売) : 1500 yen +1 drink fee

▬▬ | LINE UP | ▬▬

GUEST :
Daisuke Kuroda (kickin)
DJ SHINYA

DJ :
Masaki Tamura
Kazuhiro Inoue
Naoki Yoda

Food :
明 ヶ 粋 ヶ

▬▬ | VENUE | ▬▬

METRO
BF Ebisu Bldg. 82 Simodutsumi-cho kawabata Marutamachi sagaruru Sakyo-ku Kyoto Japan
Tel:075-752-4765
http://www.metro.ne.jp/

▬▬ | ABOUT | ▬▬

2006 年 に始動以降COLLAGEそしてMETROへと場所を 変え、クラブ以外でも屋上のルーフトップやカフェ・バー、ラウンジ、ショップレセプション、 国際写真展とのコラボレーション等活動を広げ、日本、世界の著名DJを招待し、JAZZ/CROSSOVERミュージックを発信し続けてきた、”DoitJAZZ!”。12年目を迎える2018年もJAZZ,SOUL,FUNK等のブラック・フィーリングあふれるトラックから、それらのエッセンスを取り込んだ最新のクロスオーヴァー・ミュージックを同軸に選曲しナイスなグルーヴを発信していきたいと思います!そして今回はDoitJAZZ!オリジナルメンバーに加え、DJシーンのFUNK,SOUL, BOOGIEを語るなら外せない “kickin”主宰の黒田大介が登場。元JAPONICAバイヤーでありその経験をいかした選曲、積極的にリリースもするDJ SHINYAが久々にMETROに登場だ。レコードの音をミキサーに乗せて、あふれ出るバイブスを是非楽しんでください!

In 2006, he starts his activities at Collage. Since 2014, he has been holding his concerts at Club Metro, a long-standing club in Kyoto. Selecting his tunes while regarding previous high-quality tunes called “rare groove” and pieces centering on the latest crossover music all on the same coaxial lines, he has been disseminating refined music and atmosphere. Inviting prominent disc jockeys and live and bebop dancers from throughout the country and collaborating with international photo exhibitions, he has kept expanding his range of activities.

Do it JAZZ!

▬▬ | PROFILE | ▬▬

黒田大介 (kickin)
トップFunk DJとして日本各地の地下クラブはもちろん、国内フェスや海外のソウルフェス、緩めのラウンジまで日々ハードに活動中。また、海外主要レーベルのリイシュー・プロジェクトへの協力や国内重要作品の選曲/監修を手掛けることも多く、その審美感覚が生かされたミュージック・キュレーターとしての活動も多岐にわたる。近年では、ポスト・レア・グルーヴ的コンピレーション『Deep Enough vol.1』、”哀愁”をコンセプトに構成された『kickin presents : The Little Beaver Songbook』、ブギー世代の新感覚でTK Discoをコンパイルした2枚組『The Sound Of TK Disco』、NYのDe-lite音源をDJ視点でセレクトした『kickin Presents De-Lite 45s: DJ’s Choice 1969-1976』など、話題作を次々とリリース。特に現在第7集まで続くMix CDシリーズ“kickin”は、Funk45s/レアグルーヴDJのバイブルとして国内外のシーンから熱い支持を受けている。2015年に自身のレーベル” kickin “を始動。セレクションの妙が際立つ同レーベルからはこれまで5枚の7”シングルをリリース。今後さらに精力的な活動が期待されている。
http://www.kickin45.com/

DJ SHINYA
惜しまれつつも閉店した京都の某新譜セレクト・レコードショップのバイヤーを長年勤め、そこで培われたブラックミュージック・ベースの幅広い音楽感を武器に各地様々なパーティーでマイペースにDJ活動中。2011年DJ DUCT「BACKYARD EDIT PT.6 : DETROIT RE-SESSION EP」(12inch)へDJ KENSEI、OBRIGARRD、9dwと錚々たるメンバーと共にリミックス参加を機にトラックメイカーとしても活動を開始。その後同名イベントより派生したレーベル<NOT NULL NOT FULL>より7inchを2枚リリース、2015年にはシアトルのアーティストTHE CHEEBACABRAのリミックス・アルバム「RETOUCHED」(2LP/CD)にリミキサーとして参加、2017年9月にはヨーロッパの某エディット・レーベルより匿名で12inchをリリース。各レコードショップで好評の模様。