11 10 FRI Do it JAZZ! 11th Anniversary Special at.METRO

11 10 FRI Do it JAZZ! 11th Anniversary Special at.METRO

Do it JAZZ! 11th Anniversary Special

Date : 2017. 11. 10. Fri.
Venue : METRO,Kyoto
Open : 22:00

▬▬ | LINE UP | ▬▬

Mark de Clive-Lowe
Shuya Okino (Kyoto Jazz Massive / Kyoto Jazz Sextet)
Yoshihiro Okino (Kyoto Jazz Massive / Especial Records)
Yukari BB
T.A.M.M.I & NOAH
Kyoto Jazzy Blue Tribe
Do it JAZZ!

Food :
明 ヶ 粋 ヶ

▬▬ | VENUE | ▬▬

METRO
BF Ebisu Bldg. 82 Simodutsumi-cho kawabata Marutamachi sagaruru Sakyo-ku Kyoto Japan
Tel:075-752-4765
http://www.metro.ne.jp/

▬▬ | ABOUT | ▬▬

2006 年 に始動以降COLLAGEそしてMETROへと場所を 変え、クラブ以外でも屋上のルーフトップやカフェ・バー、ラウンジ、ショップレセプション、 国際写真展とのコラボレーション等活動を広げ、日本、世界の著名DJを招待し、京都のJAZZ/CROSSOVERミュージックを発信し続けてきた、”DoitJAZZ!”、今回で11周年を迎えます。今まで色々な方々にサポートして頂きここまで来れました。そして僕たちは世界の素晴らしいアーティストの素晴らしいプレイ、僕たちの大好きな音楽をレコードを通じて感謝の意をお返ししたいと思います。伝統的なジャズの語法、ソウル・ミュージック、ヒップホップ/ベースミュージック/ブレイクビーツの融合に取り組むキーボード奏者/プロデューサーとして世界中で高い評価をえているマルチ・ミュージシャンの Mark de Clive-Lowe がビート・ソロライブにて登場。京都から世界基準へとシーンを押し上げた第一人者であるKyoto Jazz Massive”沖野修也” 、 Kyoto Jazz MassiveのDJ/トラックメ―カーかつ、Especial Records主宰 沖野好洋、ヨーロッパ公演を成功させたクロスオーヴァー・シーンの数少ない女性DJ 「 Yukari BB 」、 和製 Erykah Baduと評される京都のシンガー”T.A.M.M.I“とビートメイカー”NOAH”によるLIVE 、世界を飛び回るダンス アーティスト “田辺 美地徒”率いるダンス&パーカッションショーケース”Kyoto Jazzy Blue Tribe”のパフォーマンスとDoitJAZZ! DJsによりお送りするスペシャルな夜をお楽しみください。

“DoitJAZZ!” is celebrating their 11th year! We have managed to come this far thanks to the support of a lot of people. We are able to return this favor through the thing that we love – recording music with fantastic artists across the globe. Mark de Clive-Lowe, a multi-musician receiving high acclaim around the world for his producing and keyboard skills which fuse traditional expression of jazz, soul music, and hip hop / Miami bass (base music) / breakbeats, will perform at the Beat Solo Concert. Worldfamous dance artist Michito Tanabe leads this exciting dance and percussion showcase, “Kyoto Jazzy Blue Tribe”, which also includes the likes of DoitJAZZ! DJ Shuya Okino & Yoshihiro Okino , the leading person in Kyoto Jazz Massive, and whom is rising up from Kyoto to conquer the world. The few female DoitJAZZ! DJs who successfully played in the Europe cross over scene, “Yukari BB” and Wasei Erykah Badu, will also perform, as well as a live performance by highly rated Kyoto singer, “T.A.M.M.I” with beat maker, “NOAH”. We hope you’ll have a great night!

▬▬ | ENTRANCE | ▬▬

Door (当日) : 2500 yen + 1 drink fee
ADV (前売) : 2000 yen +1 drink fee

————————–————-
<一般PG前売り>
チケットぴあ(Pコード:347-142)
ローソンチケット(Lコード:56894)
e+ ( http://bit.ly/2ftl4Nw ) 短縮URL
にて10/7より発売開始
————————–————————–———-
※前売りメール予約→ticket@metro.ne.jpで受付けています。前日までに、公演日、お名前と枚数を明記してメールして下さい。前売料金で入場頂けます
————————–————————–———-

Mark de Clive-Lowe

Musical maverick Mark de Clive-Lowe seems an impossibility at first sight – juggling beats, synths, live remixing all on-the-fly, brought to life with a casual ease that’s mind-boggling.In his formative London years, the half-Japanese New Zealander helped evolve broken beat, establishing himself as an undeniable voice in progressive electronic music. He’s collaborated with a Who’s Who of soulful club music including Kenny Dope, Jody Watley, DJ Spinna, Joe Clausell, Ge-Ology, Restless Soul and plenty more. Since 2008, MdCL has called Los Angeles home where his acclaimed club night CHURCH has taken his brand of technology and beat-infused jazz mash-up from coast to coast and around the globe.
Equal parts house head, jazz musician and live production wizard, MdCL’s sets are a treat for the dancers, the progressives and the purists alike – as he creates everything we experience by hand from scratch – beat by beat, record by record.Whether he’s bumping creations for the dancefloor, remixing classic Blue Note Records on the fly, on stage joined by the likes of Kamasi Washington or Omar, improvising solo piano or creating live soundtracks to classic film material, MdCL is “a musical force unlike any other”

ロンドン在住時、日本とニュージーランド人のハーフである ミュージシャン/プロデューサー、マーク・ド・クライヴ-ロウは、Broken beatの発展を手助けし、 ソウルフル・クラブミュージックを代表する Kenny Dope, Jody Watley, DJ Spinna, Joe Clausell, Ge-Ology, Restless Soulらとコラボレーションを行い、エレクトロミュージックにおいてかかせない人物としての地位を確立し、 2008年からロスアンゼルスに拠点を移し発表したニューアルバム” CHURCH”はジャズ・マッシュアップを駆使したビートとテクノロジーを取り入れ世界各地で人気を博した。彼はダンスフロアではクラシックなBlue Note等の音をその場でリミックスし、カマシ・ワシントンやオマーといったミュージシャンが加わったステージではソロピアノを即興演奏し、クラシック・フィルム素材からサウンドトラックを作成する等、他のミュージシャンとは違った唯一無二な存在である。